両親や祖父母がわきがの場合は高い確率で遺伝します

両親や祖父母がわきがの場合は高い確率で遺伝します

わきがは軽度の症状だと自分で臭いに気づけず、周囲の人に指摘されて初めてわきがの可能性がある事に気づかされることも少なくはありません。

 

重度になると鉛筆の鉛臭や腐敗臭などのキツイ臭いが発生するようになり自分自身でも分かるようになりますし、周囲の人にも迷惑をかけてしまう恐れがあるので、わきが治療や対策する必要があります。

 

わきがは、アポクリン腺が活発に働くことで起こります。アポクリン腺の汗に含まれる脂質やタンパク質、アンモニアなどの成分が皮膚に存在する細菌により分解されて独特の臭いを発生させています。

 

わきがの主な原因は遺伝です。両親や祖父母がわきがの場合は高い確率で遺伝します。家族内でわきがの人がいる場合でも発症しないこともありますが、生活習慣や食事、喫煙、飲酒、カフェインの摂り過ぎなどでアポクリン線を刺激してしまうことが引き金となって発病してしまう事もあります。

 

中学生や高校生など多感な時期は親にわきがであることを伝えるという事が出来ずに悩んでしまい、精神的な負担を負う事も少なくは無いので、親が早めに気づいてあげてわきが治療を積極的にサポートしてあげなければいけません。

 

遺伝以外で判断する場合のチェックリストです。

 

  • 耳垢が湿っている。
  • わき毛、体毛が多い。
  • 服の脇に黄ばんだシミができる。
  • 肉類や乳製品、ファーストフードを好んで食べている。

 

以上の項目で2つ以上当てはまればわきがの可能性は高いです。
わきが治療は皮膚科、美容形成外科、美容外科などで行えます。
わきがで最も効果が期待できるのは剪除法です。

 

重度のわきがでは無いようであればボトックス注射でアポクリン線の活動を抑制して症状を抑え込む方法もありますが、一時的なものと言えますので完治させることは出来ません。

 

脇の下を3cmから5cmほど切開し、皮膚を裏返しにしてからアポクリン腺を医師が一つ一つを目で確認しながら取り除いていきます。

 

確実にアポクリン線を除去できますが、医師の技術力によりアポクリン線がすべて除去できない場合には完治できない場合や傷跡が残る場合もあるため技術の高い病院やクリニックを選ぶ必要があります。

 

皮膚科はわきがを専門的に治療しているところは少ないため、わきが専門に治療を行ったり、機材やわきが手術に対しての知識と技術力に長けている美容形成外科、美容外科が良いと言えます。

 

ホームページや口コミなどで治療方針や実績、費用、評判などで総合的に判断して決めるようにしましょう。

 

野菜などを中心とした食生活にしたり、タバコやアルコールなどを控える事、わき毛や体毛が多い人は処理することでもある程度の臭い対策にも繋がります。お風呂に入る際にもシャワーだけで済まさずに、湯船に浸かり血行を良くすると同時に温まって毛穴を開かせてあげることで汗に含まれる脂質やタンパク質、アンモニアなどの成分を外に出すようにすることも自分で出来る対策の一つです。

 

 

 

 

 

 

"