一般社会人の筋トレの意義とは?スポーツ選手との違い

一般社会人の筋トレの意義とは?スポーツ選手との違い

私は、大学時代運動部でした。後輩はリオオリンピックへ出場する、日本を代表するレベルの運動部です。筋トレに関しては、普通の人よりかなり詳しいです。
運動部の筋トレと、一般社会人の君トレは、意義が大きく異なります。

 

クリアネオの効果的な使い方とは?

 

運動部での筋トレの場合は、そのスポーツに役に立つ筋肉を付けるためにトレーニングを行います。逆を言えば、そのスポーツで役に立たない筋肉は付けないようなトレーニングを行うのです。意味のない筋肉をつけると、そのスポーツの能力が低下してしまうのです。スポーツ選手の理想的な体型は、運動する種目により異なるのです。

 

スポーツ選手のトレーニング方法は、時代により進化しており、最新機器やベルタ酵素を使った最先端のトレーニングを高頻度で行います。

 

では、一般社会人の筋トレの意義は何があるのでしょう。
人により異なると思いますが、大きくはふたつに分類できます。

 

ひとつは、見た目をよくしたいという意義です。

 

特に不健康でもなく、日常生活に不自由がなく、元気に過ごしているが、太っているので痩せたい、腹筋が割れるような体格になりたい、かっこいい体型になってもてたい、などが主目的なのです。この場合、運動部のトレーニングと大きく異なることは、普通の生活でまったく活用しない筋肉でも、見た目をよくするために鍛えるということです。

 

言い方を変えれば、無意味な筋肉を付けるために時間とお金をつかうということになります。自分がなりたい体型に必要な部分をトレーニングするだけなのです。それを行うことへのモチベーションは、日々体型が自分が理想とする体型に変化していくことを喜びと感じることです。

 

もうひとつは、健康にいいから筋トレをするという意義です。

 

しかし、結論から言いますと、健康と筋肉は、直接には関係がありません。筋肉がなくても健康で長生きな人はいますし、毎日筋トレしていて早死する人もいます。
このような人々の筋トレは、何がモチベーションかというと、週に2回筋トレすると決めたとしたなら、決めたことを決めたとおりに行った充実感、いわゆる自己満足感なのです。

 

繰り返し行なっている事自体が、達成感と自信になるため、精神的に健康になり、その結果肉体的な健康にも寄与するのです。
精神的な健康を作れるような筋トレの行い方であれば、健康に役立つのです。

 

やってはいけないのは、精神的な不健康を作るような筋トレであれば、健康を壊す可能性があるのです。

 

加齢臭ボディソープ ノネナール